活動報告

新着記事

カテゴリー

キーワード検索

2021.07/11 ビックリカメラ

池袋東口に道路を挟んで2件ビックカメラがあり、1件はパソコン館と呼ばれ、その両者でかつてはカメラを扱っていた。先週池袋駅へ行く機会があり久しぶりにビックカメラを覗いてビックリした。

.

地下にあったカメラ売り場が無くなっていたのだ。店員に尋ねると売り上げが減少したのでパソコン館へ集約したという。カメラを売っていないビックカメラの登場に現在のカメラ市場の状況が伺われる。

.

かつて写真フィルムを開発していたところデジタル化の流れにフィルム事業をやめるとの話が出たかと思ったら、窓際にいた。仕方が無いから豊川へ単身赴任しカオス混合技術を開発したのだが、まさか転職した写真会社で混練工場を建てることになるとは思わなかった。

.

時代の流れは急速に進み、今度はカメラが世の中から消えるのか、と思われるような様相を呈してきた。そのような状況でペンタックスはとんでもない価格の高性能一眼レフを発売したかと思ったら、今度はニコンが安価な面白いミラーレスカメラを発売した。

.

デジカメでありながら、アナログデザインで昔のフィルムカメラニコンFM2を彷彿とさせるデザインである。ただファインダーをのぞくとがっかりする。有機ELディスプレーで上位機種Z6やZ7の高級感が無い。

.

ペンタックスと同じAPS-Cで値段がペンタックスK-3Ⅲの半額程度なので仕方がないかもしれない。しかし、あの値段が高いカメラしか作らないニコンが思い切った価格設定で凝ったデザインのカメラを出してきたことに驚いている。

.

アナログダイヤルはコストがかかるにもかかわらず、アンティークさを出すためのかなり努力したことをうかがわせるデザインになっている。

.

 

カテゴリー : 一般

pagetop