活動報告

新着記事

カテゴリー

キーワード検索

2020.11/05 11月度無料セミナーのご案内

11月24日と25日に問題解決をテーマとした無料webセミナーを行う予定でいます。時間は13時30分から15時30分を予定しており、2日間4時間でまとまる内容を企画している。現在それぞれの日をどのような内容にするのか検討中ですが、とりあえず参加者を募集します。弊社へお申し込みください。原則2日間参加できる方が対象ですが、1日だけでも参考になるかと思います。



お申し込みはこちら

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/04 科学に対する誤解

タイトルは技術に対する誤解とすべきかもしれないが、未だに科学技術と言われているので科学に対する誤解とつけてみた。

 

オーディオスピーカーという製品について、マニアを満足させる科学的なスペックを見出すことが難しいことを昨日まで書いてきて、創造のプロセスあるいは創造の方法が世間であまり議論されていないことが気になった。

 

もっとも弊社の問題解決法では、創造に力点を置いており、非科学的方法を合理的に行う手法について解説している。

 

ところが20世紀から今日まで世間で推奨されている問題解決法は、皆科学的論理を基本にしている。科学的方法で創造ができるという誤解である。

 

哲学者イムレラカトシュは、「方法の擁護」で否定証明の問題を扱っている。詳細は省くが、完璧な科学的証明と言えるのは否定証明だけ、というのが彼の見解である。

 

すなわち、科学的論理は「できること」の証明を不得意としており、創造のプロセスにはどちらかといえば不向きな哲学である。

 

これは当方のゴム会社を退職するきっかけになった電気粘性流体の開発で十分に学んだ。「それでできるはずがない」という否定見解が溢れていたのだ。メンバーは科学を高度な水準で身に着けていたメンバーばかりだった。

 

実は科学に忠実になると、できないかもしれないと感じたときに、創造することが使命にもかかわらず否定証明に流される高学歴の研究者が多い。

 

あるいは、論理に忠実になり、当たり前のことであることを忘れ、当たり前の結論を導き出して満足している場合もある。

 

すなわち創造のプロセスにおいて科学は必須ではなく、現象を正しく観察する姿勢が重要であり、その時科学的でなくてもただひたすら繰り返しよく観察することが重要だ。

 

そして非科学的と言われても妄想を思いめぐらすことこそ大切である。思考実験は非科学的とマッハは力学史の中で述べているが、それでも良いのだ。

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/03 スピーカーと科学(3)

完成品も販売している自作スピーカーキットメーカー音工房zのセールストークは、うん百万円するスピーカーを数万円で提供、という少し怪しいスローガンである。

 

しかし、これはスピーカーというデバイスが未だ科学として完成していない、と思われる状態だから許される。また、新製品の販売にあたり高価なスピーカーとの比較視聴サービスを提供しているが、これは無料であり良心的だ。

 

部屋の状態を完璧にできない以上、大多数の人間の感性までも満足させるスピーカーは、まだ存在しないのでこのような方法が「科学的成果」とPRするよりも良いかもしれない。

 

すなわち、どこの部屋においても感性を満足させるような完璧な動作が可能なスピーカーを科学的数値で記述などできないので、同一条件でスピーカーの動作比較を行うヒアリングテストによりお客様に優劣を決めさせる音工房Zの方法は、怪しくはなくむしろ良心的である。

 

もし、このことについて疑問に思われる方がいたら、音工房Zの新製品発表会として行われる無料視聴会に参加してみるとよい。

 

うん百万円もするJBLのスピーカーよりも良い音がしたり、100万円を越えるB&Wのスピーカーよりも自然な再生音を聞かせる安価なキットスピーカーを自分の耳で確認できる。

 

最初に指摘したように、オーディオという商品は、それを設置する部屋の条件でその性能が左右される。視聴会では音工房Zが自社製品に合わせた部屋の設計にしている可能性を否定できないが、視聴会で怪しい仕掛けはみつからない。

 

ところで、音の出口となるスピーカーについて、デジタル時代となってもアナログ技術のままである。振動板など各パーツの材料開発は進んだが、電気信号を音に変換する機構についてその進化は20世紀に止まったままである。

 

音工房Zは、スピーカーの箱に着眼し、故長岡鉄夫を師としながら試行錯誤で箱の開発を行っている。開発過程を聞く限り、過去に大手企業で行っていたような科学的プロセスではない。しかし、優れた商品がそれでも生まれている。

 

うまいコーヒーがずば抜けた臭覚の人物により開発されたり、日本料理の達人の存在を認めているように、その性能が感覚に左右される製品では試行錯誤による開発を多くの人は認めている。

 

仮に、これを科学的に行うべきだと思っている人がいるならば、マハラビノスのTM、すなわち多変量解析を行うことになる。

 

1990年ごろ色材の開発に多変量解析を用いた研究成果を拝聴する機会があったが、ナノオーダーの変化を人間の目は検知しているという驚くべき結果が説明された。

 

しかし、これを科学的に検証したという話を聞いていない。目の前に財布があってもポケットの中を探してしまう当方には、この科学的成果がどうでもよい話に聞こえる。

 

試行錯誤について非科学的だから研究開発では許されない、と今でも思っている人(20世紀にはこのような研究者が多かった)には、次の例で納得していただけないだろうか。

 

iPS細胞を生み出すヤマナカファクターの効果について、今科学的に検証が進められている。ところが、その機能については、非科学的方法で見出されたままであり、なぜヤマナカファクターが機能するかは特許が公開されても謎である。

 

もしこれが分かれば、類似機能を発現できる物質を作り出せるはずであるが、そこは科学的解明が難しく、今でもブラックボックスのままである(だからSTAP細胞の騒動が起きたともいえる)。

 

音の出口であるスピーカーにAIを搭載し、出力された音に部屋の情報を加味した成分を載せて完璧な音を出せるようにすればよい、とスピーカーのあるべき姿を仮に描くことができたとしても、それを経済的に作り出すことは難しい。

 

また、バックロードホーンの機構についてさえ、科学的に否定する人がいるのに、このようなフィードバック機構では科学的に明らかな遅延を避けられないので、科学者に開発意欲もわかないかもしれない。

 

どのような機構でiPS細胞ができるのかについて注力するよりも、その応用研究を進めた方が人類への貢献度は高いように、世界最高性能のスピーカーと比較視聴して、それよりも優れた安価なキットのスピーカーを作りだしたほうが、庶民に貢献できる。

 

オーディオの開発の歴史において、科学的成果による優れたパーツが声高に「科学的」と説明されて商品に搭載されては、時代の流れの中で消えていった。

 

今でも残っている「科学的」技術成果も存在するが、それは歴史の流れの中で実績の積み重ねにより皆が良いと認めたものであり、必ずしも科学的に優れているという理由からではないことに気がつくべきである。

 

デジタルアンプが主流になりそうな気配なのに、未だに真空管アンプが最良という人がいる。SN比ではデジタルアンプに負けるがその芳醇な音色は真空管アンプならではである。

 

消えつつあるオーディオ業界から科学が全てではない工業製品が存在することを学ぶべきだと思う。科学は技術進歩を促進するのに役立つ哲学であることは否定しないが、それだけで技術開発がすべてうまくゆくとは思ってはいけない。

 

11月24日、25日に問題解決法の無料セミナーを予定していますので参加希望者は、お申し込みください。時間は13時30分から15時30分までの二時間で、テーマを絞った解説を予定しています。

 

 

カテゴリー : 一般 電気/電子材料

pagetop

2020.11/02 スピーカーと科学(2)

部屋の問題が解決したら、欲望を満たせるオーディオ技術が存在するかというと今度はスピーカーの問題が出てくる。

 

若いころにはオーディオのショールームに通い、今は音工房Zの視聴会に暇さえあれば参加しているが、100点満点をつけられるスピーカーに未だ出会っていない。

 

科学的にスピーカーを研究し、大学のベンチャービジネスとしてスタートしたBOSEは、音場再生に優れたスピーカーを提供してきたが、今販売されている製品は1機種のみとなった。

 

20世紀になんクリで有名になったJBLは、最近影が薄くなり、B&Wがスピーカー量産メーカーとして有名になった。

 

このB&Wのスピーカーについて驚くのは、価格と性能がうまく線形性をもって品ぞろえされている点である。

 

価格の安いスピーカーと高いスピーカーを比較試聴すれば、すぐにどちらが安いのかわかる仕掛けである。

 

これはおそらくスピーカーの科学的研究成果が商品に展開されているためではないかと想像している。

 

また、メーカーのホームページを見てみると、価格の高い商品が性能で優れていることをダイヤモンドで表現している。

 

カテゴリー : 一般 電気/電子材料

pagetop

2020.11/01 スピーカーと科学(1)

オーディオという趣味は死語に近くなった。家電量販店に行ってもそのコーナーは急激に縮小されている。オーディオコーナーの無くなった店もある。

 

オーディオ専業メーカーも倒産したところや事業提携、ブランドだけと様々で、家電メーカーでオーディオ事業を展開しているのはパナソニックだけとなった。

 

また海外のスピーカー専業メーカーの台頭は著しく、日本メーカはフォステクスとオンキョーのBtoBビジネスぐらいしか頭に浮かばない。

 

ただ、自作スピーカーについては、とび猫とか音工房Zなどの個人事業主の個性豊かな国産メーカーが誕生している。

 

それでは、オーディオ技術は完成したのかというと、実は未完成のままで、自然界の音を家庭内でそのまま再現することはもちろん未だに不可能で、コンサート会場についてさえ難しい。

 

我が家では、ライブハウスの環境程度を再現できる機器を揃えているが、それでもまだ不満で、俗にいうところのオーディオは底なし沼ではないかと思っている。

 

音量だけでも満足できるぐらいのエネルギーで再生したならば、おそらくご近所からクレームが来るだろう。

 

ROTELのアンプにBOSEとONKYOのスピーカーでそこそこのコストパフォーマンスの高いオーディオ環境を構築してみても、都内の住宅街では防音室でオーディオ専用ルームを作らないかぎり、商品性能を最大限に生かすことができない。

 

すなわち、オーディオという趣味は、隣人からクレームのこない専用のオーディオルームを作れるかどうか、で満足感が分かれるように思う。

 

カテゴリー : 一般 電気/電子材料

pagetop

2020.10/31 田澤選手に酷な結果か

今年のプロ野球ドラフト会議の目玉の一つに34歳元メジャーリーガー田澤選手をどこのチームが獲得するのか、という話題があった。

 

ところがどこの球団も指名しなかった。その結果に対して様々な憶測の記事が溢れている。中には同情のあまり、球団を批判する記事もあったが、果たして酷な結果だったろうか。

 

実績は十分だったが、将来の活躍の可能性としては若い選手に比較すると34歳という年齢は大きなマイナス要因だ。

 

中継ぎとして即戦力の投手、という意見もあるが、昨年度の田澤選手の実績からは、50%の期待値となる。よほど投手を欲しい球団でない限り、リスクが高いので指名しないだろう。

 

興味深いのは、多くの記事で憶測の見解となるが、田澤選手が日本の球団を腰掛にしか考えていない、というのがあった。

 

せっかく獲得しても1年目で成績が良かったら、またメジャーへ行くのではないか、という見方である。また、彼の言動も日本の球団を見下しているところがある、とまで書いてあった。

 

各球団が田澤選手を指名しなかった理由を言わないので、このような憶測の記事が多く出る背景となっているが、学術会議の問題と同様にこれも人事の問題なので、各球団が理由を明らかにする必要はないだろう。

 

35歳でもユニフォームを脱ぐ選手がいるプロの世界なので、34歳という年齢がどのような意味なのかは、プロ野球ファンでなくとも理解できる。それを指名されるのが当たり前と思っていた田澤選手の関係者あるいはファンが甘い考えだと思う。

 

例えば、サラリーマンは65歳まで働ける時代であるが、もし65歳過ぎても働きたいならば、55歳ぐらいで次の仕事へ異動した方が希望通りの職種に就ける機会は多い。

 

当方は中間転写ベルトの仕事を最後に55歳で退職するつもりだったが、環境対応樹脂の開発をして欲しいと言われて、退職を1年延ばしてひどい体験をした。

 

1年前に2011年3月11日を勤務の最終日に設定したためであるが、帰宅難民となり、会社に宿泊することになった。このような不測の事態が起きてしまう不確実性の時代である。

 

田澤選手がもし指名を期待していたのだったなら、指名されなかった場合を想定して、年俸について贅沢な希望は言わないので、どこの球団でもよいから採用してくださいと、声明をだすべきだった。

 

おそらく直接メジャー球団へチャレンジし、華々しい実績を上げた選手なのでそれができなかったのだろう。しかし、日本では謙虚さは美徳となる国である。将来コーチとか監督とかを期待して採用に動いた球団がでてきたかもしれない。

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.10/30 マテリアルインフォマティクス

情報技術とAIを活用して新材料を開発しようという研究が盛んである。マテリアルインフォマティクスは、いまや材料開発のキーコンセプトの主流となった印象があるが、新しい概念ではない。

 

当方がゴム会社に入社した1979年には多変量解析を使用したゴム技術開発がすでに行われていた。また日科技連がまとめた新QC7つ道具にはその手法も入っている。

 

それでは、新しい特徴はどこかと言えば、AIの導入ぐらいである。ただしAIの導入と言ってもそのベースとなるのは人間の知であり、情報の論理的結合の効率化に利用しているだけである。

 

今のAIが人間のようにヒューリスティックな解を出せるわけではない。ましてや得体のしれないヤマカンなどAIに要求しても無理である。

 

当方は、世間で話題になっているこの手の研究について、無機材料への応用には有効性を認めているが、高分子材料については懐疑的である。すなわち、当たり前の成果しか出ないのではないかと思っている。

 

ただし、これがAIではなく人間の経験知や暗黙知を活用し、さらにヤマカン迄展開する、という話になれば、おもしろい。ただし、それでは1970年代と変わらない。

 

横文字にして目新しさを主張するぐらいなら、昔からゴム業界の配合設計で行われてきたデータ駆動の材料開発手法に、もう少し注目されたほうがよろしい。樹脂開発にも十分活用できる。昨日の多成分ポリマーアロイはその事例である。

 

このあたりについても希望があれば無料セミナーを実施しようと考えている。希望者があれば、問い合わせていただきたい。クローズドセミナーという有料WEBセミナーも開催可能である。

カテゴリー : 一般 高分子

pagetop

2020.10/29 多成分ポリマーアロイ

ABSは3成分のポリマーで開発されたポリマーアロイである。3成分以上のポリマーを用いたポリマーアロイとして当方の開発したPET系のポリマーアロイがある。

 

 

このポリマーアロイは、カオス混合以外の方法ではロール混練しなければ性能が出ないばかりか、二軸混練機の混練だけでは外観不良の成形体となる。

 

 

カオス混合の効果が目視で分かる技術である。この多成分ポリマーアロイの特徴は、PETが80wt%配合されているにもかかわらず、PETとは異なる射出成型性と物性になっている点である。

 

 

今マテリアルインフォマティクスが話題となっているが、樹脂の情報を集めてみても、またAIを駆使してみてもこの配合系は見つからない。

 

 

当方の経験知と暗黙知から材料設計して、データ駆動の実験で基本配合を見出し、タグチメソッドで最適化している。

 

 

おそらく樹脂技術でこのような配合設計手法はあまり世間で行われていないと思われるが、ゴムの配合設計では昔から行われている。ただし、昔はタグチメソッドではなく実験計画法だったが。

 

 

カテゴリー : 高分子

pagetop

2020.10/28 カオス混合

40年以上前からカオス混合は知られていたらしい。この呼び名がいつから使われたのか知らないが、餅つきやパイ生地練りで行われている混練方法である。

 

弊社にご相談いただければ、二軸混練機の先に取り付けるカオス混合装置を提供できる。二軸混練機1台ごとにその性能に合わせて設計している。

 

ところで、ブリードアウトについてカオス混合に変更して改良された時にびっくりした。LED用熱伝導樹脂を開発していた時の体験である。

 

10年近く前に熱伝導樹脂のブリードアウトの相談を受けて、カオス混合装置を二軸混練機に取り付けることを提案している。

 

この方法で改良されるかどうかは、提案してみたものの不安があった。ただ、ブリードアウトの発生状況から混練で改良される可能性がいくつか市場情報として存在した。

 

ただし、実験データがあったわけではなく、市場における現象と当方の経験知から、コンパウンドの混練ばらつきを疑った。

 

そして見事に解決したのだ。そもそもブリードアウトしにくい添加剤であったが、促進試験において稀に短時間でブリードアウトが発生する成形体が見つかっていた。

 

おそらく添加量がばらついているのだろうと考え、添加方法とかいろいろな対策を提案し、その中の一つとしてカオス混合装置があったのだが、促進試験でカオス混合装置の有無の差が出た。

 

ブリードアウトという現象は、べとつくような現象とか結晶化して表面に析出したりするような目に見える現象でない限り、それが起きていても市場で問題となっていない場合が多い。

 

カテゴリー : 一般 電気/電子材料 高分子

pagetop

2020.10/27 ケミカルアタック

ブリードアウト現象と同様に悩ましいのがケミカルアタックという品質問題である。ケミカルアタックとはものすごい呼び名で学術用語ではなく俗称である。

 

当方が子供の頃よりこの言葉は存在した。今井模型が牽引したプラモデルブームの時に、ギアボックスを取り付けたプラモデルでケミカルアタックが多発した。

 

小学校低学年の時に突然壊れたギアボックス部分を購入した店に持って行ったところ、ケミカルアタックと言われ、グリースのつけすぎの注意を受けた。

 

すなわち、グリースはほんの少しだけつけなければだめで、ギアボックスにたくさんつけた当方のミスと言われたのだ。FDを壊された時よりも悲しかったのでよく覚えている。

 

さて、ケミカルアタックとは油成分が樹脂に付着した時に、その樹脂の力学物性を著しく低下させる現象である。ケミカルアタックについては、油成分のSPと樹脂の破壊強度との関係を示すデータが公開されている。

 

それによると、油成分と樹脂のSPが一致した時に発生することになっている。しかし、ブリードアウトと同様で、SPが大きくずれていても発生する時がある。

 

例えばポリマーアロイでは射出成型時に密度ムラが発生すると、密度の低いところでケミカルアタックがSPに依存せず発生する場合がある。

 

これを一度経験すると、ケミカルアタックは油成分と樹脂とのSPをずらせばよい、などと軽々しく言えない。一度評価試験をやってください、というのが正しい。

 

ケミカルアタックの評価方法は、各社各様である。痛い目に遭ったところは関門を2つ3つ設けたりしている。そのくらい慎重になったほうが良い問題である。

カテゴリー : 一般 高分子

pagetop