活動報告

新着記事

カテゴリー

キーワード検索

2020.11/15 技術者の解放(5)

技術者にとって、科学は最も重要な道具である。AIの時代となり、ますますそれが鮮明になってきた。AIの科学者を量産することはできるが、技術者のAIを量産してもコストに合わない。

 

技術者とは、形式知同様に経験知や暗黙知を重視する。これらは技術者個々により、身に着けている内容が異なるし、昨日の暗黙知を否定する新たな暗黙知を今日作り出すような気まぐれさも技術者の特徴である。

 

技術者の暗黙知をAIに教師データとして教え込んでも使い物にならない。そもそも暗黙知をAIに教え込むことは困難である。暗黙知は情熱や感情にも左右される。技術者は、やりたくない仕事あるいは経験のない仕事でも科学を道具として使い、学習し、挑戦する。

 

電気粘性流体は、やりたくない仕事だった。しかし、住友金属工業と高純度SiCの事業化を始めたと言っても所属が研究所である限り、やらなくてはならない。

 

「界面活性剤ではなく、第3成分と呼べ」と言われても、電気粘性流体の耐久性問題を解決できたのは、紛れもなく界面活性剤を添加したからである。しかし、組織の中で働く技術者は、上司に従うか、上司に不満であれば転職するかの2択しかない。

 

組織に残るならば、第3成分と自分を納得させるよりどころが必要になる。技術者は機能の動作について、自分の納得のゆかない動作を改良することができないからである。

 

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/14 技術者の解放(4)

技術者は現象から素直に機能を取り出す。そしてその再現性とロバスト向上に努力する。そしてそれが優れた機能ならば、素直にその機能についてロバストを説明する。

 

データを捏造したり、機能を見出した経緯をごまかしたりしない。ひたすら品質向上に努めないと市場に受け入れてもらえないからである。

 

ところで、界面活性剤で電気粘性流体の増粘問題を解決ができたのだが、界面活性剤を第三成分と呼べ、と実験結果についてリーダーがその内容を捻じ曲げるように要求してきた。

 

界面活性剤では解決できない、という研究報告書が出されていたのがその理由で、材料系の本部長から音と振動の大家の本部長に代わっていたので、第三成分は界面活性剤ではない、とごまかそうとする魂胆が見えてくる。一部の善良ではない科学者特有の悪である。

 

科学者の中には専門外の人間に対して、理解を容易にするために言葉でごまかすことに躊躇しない人がいる。善良ではない科学者は、このリーダーだけではない。

 

技術者には実直な人が多いが、技術や職人を小ばかにする科学者もいるので、そのような人も悪人ではないが善人とは呼べない。ちなみに当方の転職原因を作った人は優秀な科学者だった。

 

なぜ技術者が愚鈍で実直にならざる得ないのかというと、そうでなければ市場からしっぺ返しに遭うからだ。科学者は研究論文を重視するが、技術者は市場の顧客を重要視する。

 


11月24日と25日に問題解決をテーマとした無料webセミナーを行う予定でいます。時間は13時30分から15時30分を予定しており、2日間4時間でまとまる内容を企画している。現在それぞれの日をどのような内容にするのか検討中ですが、とりあえず参加者を募集します。弊社へお申し込みください。原則2日間参加できる方が対象ですが、1日だけでも参考になるかと思います。

 

お申し込みはこちら

 

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/13 技術者の解放(3)

科学的に改善不可能と否定証明で論じられた現象でも、技術で改善可能である。このことが技術的問題解決法と科学的問題解決法とが等しくないことを示している。

 

現代の科学で解明できないから、技術的に不可能という結論をすぐに出す人がいるが、科学と技術では、やる「コト」が異なる。

 

技術では現象から「機能を取り出すコト」が目標であり、科学とは現象を説明する仮説の真偽を明らかにすること、すなわち「現象から真理を導き出すコト」が目標になる。科学的に不明でも技術で再現よく改善できれば実用化できることに気が付いてほしい。

 

科学を先導できる技術者こそ優秀な技術者であり、そのためには科学の形式知に精通していなければならない。例えば材料技術者ならば、セラミックスから高分子、金属まで科学の形式知を学んでおく必要がある。

 

この意味で高分子だけ知っています、という材料技術者は未熟である。しかし、高分子科学者という職業ならば、尊敬される場合も出てくるかもしれない。

 

添加剤の入っていないゴム処方を開発せよ、と電気粘性流体の開発プロジェクトリーダーから命じられた時に、目が点になった。すぐに「あほか」と言いそうになったが、そこはこらえて「回答は1週間待ってほしい」、と伝えている。

 

1週間あれば界面活性剤を見つけることができると考えたからである。しかし、界面活性剤の検討を電気粘性流体の担当者たちが1年続けていたことを知っていたので、ここは忖度して、「高純度SiC事業の共同開発先とテーマの調整をしたい」と回答している。

 

組織活動においては、科学者に対する忖度による知恵の発揮が重要で、これができないと、科学者は否定証明の論理を用いてチャンスをつぶしにかかる。企業の科学者にはこのような輩が多いので技術者は組織活動における忖度の働かせ方を学ばなければいけない。

 

忖度をはたらかせて、謙虚に「1週間勉強のために、耐久試験を終えて増粘した電気粘性流体を少しほしい」と伝えたら、ドラム缶にいっぱいあるから自由に使ってよい、と言われた。

 

ヘドロのようになった電気粘性流体を譲り受け、それを300個のサンプルビンに分取し、手持ちの界面活性剤はじめ社内にある界面活性剤になりそうな化合物まで集めてきて、それらをサンプルビンに次から次へと添加した。

 

スタップ細胞の騒動ではハートマークやビックリマークだけで書かれた白紙の実験ノートが話題になったが、この時の当方の実験ノートには、界面活性剤になりそうな化合物から界面活性剤まで、その成分情報やHLB値、曇天などのデータや当方の経験からのアイデアメモなどこの一晩の実験だけのために数ページが真っ黒になった。

 

科学者の中には実験ノートをメモ程度に考えている人がいる。すなわちメモ程度でも後からロジックで正しく実験時の情報を表されると考えているからだ。

 

技術者は機能を取り出す必要から、ロジックではなく、試行錯誤で実験を行う場合が多くなる。ゆえに実験ノートには詳しく情報を残しておかないと、後から重複して無駄な実験をすることになる。

 

さて、この時も試行錯誤の実験となったが、300個のサンプルビンを振盪機にかけて一晩おき、翌日そのサンプルビンを観察したところ数個のサンプルビンで明らかに粘度が下がっていた。さらに、そのうち1個のサンプルビンでは、上澄みが透明になっていた。

 

詳細は当方の書いた特許を見ていただきたいが、試行錯誤で耐久試験問題の解答が見つかったのである。何も難しいことを考えてはいない。正しい問題に対して手当たり次第に答えを探しただけである。

 

サルでもできる、というと言い過ぎだが、優秀な科学者の数名が1年かかっても解けなかった不具合現象を電気粘性流体に関する基礎知識のない当方でも一晩で改善できたのである。

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/12 技術者の解放(2)

電気粘性流体の耐久性問題とは、電気粘性流体をゴム容器に封入して用いると、ゴムに添加されている多数の添加剤が電気粘性流体にブリードアウトし、それにより電気粘性流体が増粘、機能しなくなる現象である。

 

微粒子とオイルで処方された電気粘性流体の中にゴム薬品が微量入ってきて増粘しているので、このような問題は、ブリードアウトするゴム薬品をゴムから取り除くか、電気粘性流体に界面活性剤を添加して、ゴム薬品が混入しても増粘しないように改質するのか、解決策は二通りしかない。

 

ゴムの配合からゴム薬品を抜いたらゴムの耐久性だけでなく、ゴムとしての性質も変わるので、ブリードアウトするゴム薬品をすべて抜くことはできない。

 

ゴム会社の技術者ならば、それは経験知から常識だったが、科学者には科学的真理こそ重要となるので、技術者の常識など科学的真理の前にはばかげた知識に見えたようだ。

 

ここで、オイルとしてシリコーンオイルを用いているので、界面を表面処理しブリードアウトを防ぐというアイデアがあるのではないか、とか、ほかにもアイデアが、という可能性の議論は、すでに開発ステージがFS段階を過ぎ商品開発段階となっていたので除外する。

 

すなわち、当時の技術的な解決策は、開発ステージなどを配慮すると「耐久性問題を解決できる界面活性剤を探しだす」以外に手段は無かったので、これが正しい問題になったはずである。

 

ところが、電気粘性流体の担当スタッフは全員高度な訓練を積んだ科学者だったので「耐久性問題を解決できる界面活性剤は存在するのか」という問題を設定して解いていた。

 

そして否定証明により、そのような界面活性剤は存在しない、という科学的に満点の正解を導き出している。ゴム会社の研究所でもこの正解がとんでもない結果を導くことに気が付けないところが科学の弊害といえる。

 

間違った問題の正しい答えから、「ゴム薬が添加されていないゴムの配合開発」というテーマを設定したのは、日本を代表する大学を卒業した理学博士であり、頭が悪いわけではない。

 

科学的に正しい解答を導いた自信から、このテーマが素晴らしいアイデアだと真剣に信じていたようだ。「科学的視点から、これしか解決策は無い」と力説していた。

 

このような勘違いは、ゴム会社だけでなく写真会社でも見てきて、間違った問題を正しく解いて、それに気が付かない、というのは、科学という哲学の引き起こす弊害ではないかと思っている

 

(注:最近では理研で類似の問題が起きている。後日この事例にも触れる予定だが、科学者ばかりであるとこのような弊害に気がつけない。あるいは弊害そのものに関心を示さない。技術者があとで気がつき笑い話とする場合もあるが、科学を身につけた技術者ならば、科学的に正解であってもその間違いに、すぐに気がつくはずである。いくら科学的に正しくても経験知からおかしい、とすぐに回答を出せる技術者を目指さなくてはいけない。これは訓練で可能となる。弊社にお問い合わせください。)。

 

しかし、科学云々という以前に、知識の有無とか頭の良しあしとか無関係に企業の開発テーマであれば、「存在するの「か」」という東スポが新聞タイトルとしてよく用いる様な疑問符の問いを開発段階で設定してはいけない。

 

(東スポ的タイトルが許されるのは、調査研究段階であり、開発ステージに入ったならば、常に前進する問いの設定に心掛けなければならない。この点については後日事例を用いながら説明する)。

 

企業の研究開発では、仕事を前進させる問いを開発テーマとして設定すべきで、そのためには正しい問題設定のための意思決定が必要となるケースも出てくる。

 

正しい問いの設定ができるかどうかは開発の成否を左右する。間違った問いの正しい答えほど役に立たないばかりか、害を及ぼすことさえある。これはドラッカーの指摘していたアドバイスである。

 

間違った問題を設定して、修士以上の優秀な科学者が数名で1年かけて科学的に完璧な正しい答えを導き出し、技術者を目指していた当方にとんでもないテーマを依頼してきたのだ。

 

これはゴム会社の研究所で経験した30年以上前の実話であり、その後このテーマを成功に導く課題解決について高純度SiCの事業化とともに一人で担当した当方が転職しなければならなくなる事件が起きている(古くは小説「カラマーゾフの兄弟」のように宗教とか哲学の論争は人間の生き方、生命そのものにもリスクを生み出す。それゆえ哲学に縛られない能天気な技術者は重要である。理研では科学の弊害で自殺者が出ているが、当方は死ではなく転職を選択している。科学に命をささげるほど科学の支配をうけていない。科学という哲学よりも人間の命こそ最も重要である。生きること、地球で命を大切にすることに技術者は努力している。)。

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/11 減塩明太子に国費投入

「会計検査院は10日、国費の無駄遣いや不適切な経理など改善が必要な事業が248件、297億円あったとする2019年度の決算検査報告を菅義偉首相に提出し、公表した。」

 

これは、昨日の朝日新聞デジタルからのコピーである。不適切事例として減塩明太子の開発のために、国の補助金が投入され設備導入したが、その設備を既存の明太子生産に使用していたという。

 

会計検査院の指摘で、この会社は補助金を返納したと言っているが、ふざけた話である。

 

一方で真面目に日本企業にとって有益な補助金申請しても通らない事例が多いというのに、このようなニュースを読むと補助金審査のいい加減さを改善してほしいと思う。

 

カオス混合装置の開発は、3度申請し全部落ちたので中国で自力改良している。すなわち中国企業の助けを借りながら、カオス混合装置の効果を確認してきた。

 

一部の中国企業は、このカオス混合装置のおかげで樹脂品質が上がり、開発効果の恩恵を受けたことになるが、このような開発行為を批判したい人は、国の補助金の在り方に目を向けていただきたい。

 

有益な技術開発には補助金が出ず、およそニーズなど無い減塩明太子といういかがわしい商品開発に補助金を出している現在の状況が改善されない限り、まじめに努力している中小企業は浮かばれない。

 

辛子明太子は塩辛いからその商品価値があるのであって、その塩辛さを抜いたなら、辛子明太子でなくなることが審査員にはわからなかったのだろうか?

 

減塩明太子の開発とは、どら焼きのあんこから砂糖を抜く開発と同じであって、そのテーマの価値はタイトルからすぐに理解できる。調味料である減塩醤油とは意味が異なる。

 

科学者のコンサルタントが適当な形式知の言葉をつなげて、いかにも価値がありそうなテーマにでっち上げたことぐらいタイトルからすぐにわかりそうなものだ。

 

しかし、科学に毒された頭では、ヒューリスティックな解でダメだとわかるテーマでも前向きの推論を展開する科学者の審査員には見抜けず、ダメなことが分かってから不適切と判断することになる。

 

正直に科学的に不明点は多いが技術的価値は高い、と申請書に書かれたカオス混合装置の開発の方が補助金の対象として有益だった。しかし、3度その技術開発提案は落選している。

 

自費でカオス混合効果を確認しながら改良を進めたので、実験用であれば、中国製となるが、今では300万円前後で供給可能となった。ご興味のあるかたはお問い合わせください。

 

中国では吐出量500kg/hのカオス混合装置が稼働しています。また、退職前に非科学的な瞬間芸で製作したカオス混合装置は10年以上無事に稼働しています。

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/10 技術者の解放(1)

科学技術という捉え方は、科学の時代において重要であるが、技術者はそれに縛られる必要はない。

 

かつて写真会社の役員が商品開発をしているとスタッフが職人になってしまう問題を嘆いていた。また、それゆえ実験を行う時には仮説を設定して行え、と声高に叫んでいた。

 

開発部門のスタッフが職人になってしまう問題は、企業の研究部門のスタッフが科学者になってしまう問題よりも弊害が少ない。

 

職人であれば職人として扱い、仕事をさせれば技術者のよい手足となるが、科学者を科学者として扱っていると無駄な人件費を支払うケースやジキルとハイドのような悪人を生み出す土壌になる。

 

電気粘性流体の開発では、優秀な科学者集団により6年間研究開発が続けられ、耐久性の問題でとんでもない科学的に正しい結論を否定証明により導き出している。

 

これは、当方が住友金属工業と高純度SiCの事業を立ち上げようと一人で踏ん張っている時だった。ちなみに研究所のテーマとして高純度SiCの事業化は電気粘性流体よりも1年遅れて正式テーマとなっている。

 

電気粘性流体も高純度SiCもゴム会社では、基盤技術が乏しいスタートではあったが、前者についてはレオロジーという基盤技術を生かすことができて適社度の高いテーマと位置付けられていた。

 

ゆえに耐久性問題が起きたときに、最も適社度の低いテーマを一人で担当していた当方に「添加剤が無添加のゴム」というクレージーなテーマ依頼が来たのだろう。

 

当方も管理職昇進を2年後に控えていた年齢なので、それを心配してくれた、と捉えることもできなくもない。

 

研究部門のトップが材料に詳しいリーダーから材料のことなど詳しくない音振動のスペシャリストに代わったので、楽観的な当方は少しそのような期待をして頑張って同時に頼まれなかった高性能電気粘性流体用粉末まで開発し提供している。

 

ただし高純度SiCの事業は、当方の開発した基盤技術がそのままで現在でも続いているが、電気粘性流体の事業は世の中にその痕跡も無くなっている。

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/09 科学技術から技術へ

20世紀は科学技術の時代と言われた。昨日科学と芸術の差異について書いたが、17世紀以降成立した科学に対して、それ以前から存在していた技術が科学技術と呼ばれた経緯について違和感を持った。

 

科学成立以前に技術は芸術技術などと呼ばれておらず、独立して存在していた。そして同じ技術を連綿と次の世代へ語り継ぐ職人もいつの時代からかいた。

 

科学技術となり、職人を軽視する風潮が出てきたが、科学の時代に形式知を指導方針に沿って伝える職業である先生は戦後急速に尊敬されなくなった。尊敬されないだけでなく先生自らいじめを行う時代でもある。

 

科学成立時代に職人だけだったのかというと、17世紀までの技術発展史や産業革命を学べば理解できるように、技術者の存在を歴史は教えてくれる。

 

科学成立以前の技術者は、科学が無くても自然と対峙しそこから機能を取り出してきた。芸術が自然と対比し美を取り出していた姿を技術者が学んだのかどうか知らないが、人間の営みとして自然の中で生活の利便性を高めてきたのは、昔から技術者である。

 

科学の誕生により、技術者の仕事は効率化され技術が著しく早く進歩した。この意味で17世紀以降生まれた技術は科学技術と呼んでも良いのかもしれないが、科学を利用しない技術開発について忘れてしまったかのようである。

 


11月24日と25日に問題解決をテーマとした無料webセミナーを行う予定でいます。時間は13時30分から15時30分を予定しており、2日間4時間でまとまる内容を企画している。現在それぞれの日をどのような内容にするのか検討中ですが、とりあえず参加者を募集します。弊社へお申し込みください。原則2日間参加できる方が対象ですが、1日だけでも参考になるかと思います。

 

お申し込みはこちら

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/08 科学と芸術の違い

科学者による科学論には多くの著書がある。古くて有名なところでは、マッハ力学史がそれで、力学の発展史をもとに科学という哲学について論じている。

 

科学論同様に芸術論も多いが、科学論では西欧近代科学が成立した17世紀からの歴史が取り上げられるが、芸術論では人間の創造的活動が始まった時期を明確にせず論じられている場合が多い。

 

このことから科学と芸術は、扱う対象も含め明らかに異なるのだが、科学論の中に芸術との対比を持ち出される方が多い。

 

おそらく科学も芸術も人間と自然との関わり合いの活動だからだろうと推定している。

 

例えば中谷宇吉郎著「科学の方法」には、「科学が自然に対する認識をつくることと、芸術家が美術品を作る場合と、どこがちがうかというと、その間には、はっきりした区別がある。それは作ったものを評価する場合の物差が違うのである。」と書かれている。

 

ここでいう物差については、「科学の知識の集積」と説明されている。この物差を用いて思考形式の眼を通じて自然を眺める、人間と自然との協同作品が科学の本質と述べられている。

 

この人間と自然との協同作品という考え方は、芸術にも当てはまるゆえに、科学と芸術を論じる科学者がでてくるのだろう。

 

一方で人間と自然との協同作品を作るにあたり、体系化された形式知を用いなければならないところが芸術との差異で、自由奔放に美を追求できる芸術家に対して、定まったルールの中で創造活動を行う難しさが科学者にある。

 

この中谷氏の説に従えば、技術者を科学者と芸術家と同列に扱う場合には、科学者と芸術家との中間に位置し、両者の要素をもって人間と自然との協同作品を作ることが技術開発と思えてくる。

 

これが20世紀では、技術者は科学者の下部であることを強いられたが、21世紀には芸術家でもあることにも目覚める必要があると思っている。

 

すなわち科学を学んだレオナルドダビンチが21世紀の技術者象と思っており、技術者が科学者の下部から独立する自覚が求められる。

 

弊社の問題解決法は、自立した技術者の活動に役立つ内容を目指している。今月無料セミナーを行うのでそのあたりを確認していただきたい。科学にとらわれない自由な発想により独創性のある技術を生み出す方法を提案している。

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/07 コンセプトの重要性

化学は、ピラミッドが作られた時代から存在していたので科学よりもその歴史ははるかに長い。ゆえに化学全体の知を眺めてみると形式知以外に経験知が数多く存在する。

 

例えば、ポリマーアロイを学ぶのに必要なフローリー・ハギンズ理論というものは、経験知と呼んでよいようなものだ。その経験知の上に形式知が構築されているおかしな世界である。

 

そこに気が付いた当方は、立体構造に着目し、錠と鍵の関係のような相溶状態を想像し、バルキーな側鎖基をもったポリオレフィンとポリスチレンとを相溶させてみた。

 

たまたまレンズ材料の開発を担当できたので実験をしたのだが、見事に相溶し透明なポリマーアロイができてびっくりした。期待はしていたがうまく行き過ぎとも思った。

 

フローリー・ハギンズとは異なるコンセプトで高分子の相溶という現象を眺めてみた結果であるが、これがうまくいったことで、ゴム会社の指導社員に出されていた宿題を思い出した。

 

指導社員はカオス混合を使えばどのような高分子でも紐状であれば相溶するのではないか、というコンセプトを持っていた。

 

そして、ロール混練でSP値が異なる高分子を混ぜて、ロール上で透明になっている様子を見せてくれた。そして連続プロセスでこれができる発明をするのが当方の宿題だと冗談を言っていた。

 

この冗談を実験する機会が、中間転写ベルトの開発を担当した時、コンパウンドメーカーの技術者が当方のカオス混合のアイデアをバカにしたために生まれた。

 

コンパウンドメーカーが採用してくれなかったので、自分でカオス混合の生産プラントを立ち上げたのだが、明確なコンセプトのおかげで、たった3か月でPPSと6ナイロンが相溶して透明な樹脂液が出てくる現象を観ることができた。

 

カテゴリー : 一般

pagetop

2020.11/06 低分子から高分子まで

当方が学生時代に高分子は重合技術が話題の中心にあり、応用化学科のカリキュラムにおいて高分子物性論はわずか特別授業の1単位だった。

 

ゴム会社に入社し驚いたのは高分子物性論を知らなければ仕事ができないのだ。高分子は低分子モノマーが重合して、という話などほとんど役に立たない世界がそこに広がっていた。

 

大学でレオロジーを専攻された指導社員は、自嘲気味にもう10年もすればダッシュポットとバネのモデルを使った高分子物性論は無くなる、と教えてくれた。

 

しかし、その無くなる予定のモデルについて大学ではおさわり程度にも学んでこなかった当方は恥ずかしくなった。

 

4年生の時にシクラメンの香りの全合成を研究し、JACSにショートコミュニケーションが掲載されたが、大学院では無機材料の講座で研究している。

 

但し、研究内容は無機材料の最小構成単位を重合して無機高分子を合成する研究である。2年間に5報ほどかける成果を生み出し、学生時代にショートコミュニケーションも含め3報ほど書いてきた。

 

その講座で博士課程後期まで在籍すると皆が3報書くと聞いていたので、前期だけで3報書いてみようと思い、研究を頑張った結果である。おかげで奨学金にアルバイト料も潤沢に稼いでいたが、遊ぶ時間もなく貯金ができた。

 

セラミックスの研究キャリアの方が1年長かった。高分子など全く知らなかったので、指導社員には無機材料を専攻してきました、と応えている。

 

指導社員も当方のキャリアについては人事情報からご存知で、最初の3か月間の座学を指導計画に入れていた。

 

低分子から高分子に至る指導社員の知についてこの3か月に学んだのだが、レオロジーを核として語られた内容は、大学の授業とは全く異なる世界観だった。

カテゴリー : 高分子

pagetop